天池合繊株式会社

会社概要

創業1956年62年の織物製造会社です。
○桂由美さんのウエディングドレスが第一号!
2004年のジャパンクリエーション、能登テキスタイルラボのブースに天女の羽衣を素材に使った試作服を1着だけ出展したのが世間の目に触れた最初です。
その際、桂由美さんの目に留まり、オファーを受け、数種類程度しかなかったサンプルを持っていったところ、桂由美さんをはじめ社員の方たちが、触ってみたり、巻いてみたりして、すごいを連発して下さったが、いざ価格の話になりコスト計算をした価格を提示したところ、「シルクより高いのですか!!」と言われ、これはダメだとその日は諦めて帰ってきました。
しかし翌日先方から「40m協賛して欲しい」と連絡が入る。桂由美さんに使ってもらうということでステータスになるかと思い、40m提供したところ、その後400mあまりの発注をもらうことが出来ました。ジャパンクリエーションに初出展してからわずか1カ月足らずの劇的な出来事でした。
『天女の羽衣』は世界的な有名なスイスの生地メーカーに毎月コンスタントに輸出されています。
そこが様々な加工を施した生地が日本に逆輸入され、東京等で海外素材として展示会が開かれていますが、なんと同社の販売価格の10倍以上の価格がつけられ、それを一流ブランドが購入しています。

天池合繊株式会社

5から7デニールの極細糸を使った織物『天女の羽衣』で世界の一流ブランドを虜に!
自社ブランド「天女の羽衣」は独自の最軽量5g/㎡からの1000種類以上の品番を有し、世界に向けてブランディング中。「天女の羽衣」の自販部門とOEM部門があり、大手メーカーの主軸製品となる開発も行っています。

天池合繊株式会社
天池合繊株式会社

得意技

世界最軽量の極薄素材は、髪の毛の1/5~1/6程の細い糸から織られています。切れやすい極細の糸を織り上げる技術こそ、数年に及ぶ開発期間を経て成し得た弊社ならではのノウハウです。
織り、染め、縫製を一貫で自社製造、加工も日本国内のみで作業を徹底することで、世界のmade in Japanの信頼を確立しています。
まるで触れていないかのような軽さは、ベーシックな生地で約10g/㎡、自社最軽量の生地では約5g/㎡という桁外れの軽さを実現しました。わずかな動きにも優雅に揺れます。
洋服地としての用途以外にアート作品やインスタレーションなど、独特の世界観を生み、アーテイストの想像力を刺激します。
「企画開発から最終製品生産まで、一貫生産設備が強み」
設備はカバーリング、意匠撚糸設備、経糸準備設備、製織設備(WJL/AJL/RL)、染色設備、縫製設備と一貫した開発生産が強みです。生産品目は、極細糸使用の自社ブランド品「天女の羽衣」から、産業資材、農業資材、スポーツ衣料生地、カバン地、風呂敷生地、カーシート、インテリアカーテン、ユニフォーム生地、寝具生地、リボンテープ生地等、あらゆる織物生産技術経験を基に素材開発を行い、いくつもの大手企業の柱となる素材開発をも行ってきました。

今後、力を入れたいこと

○ブランドとして確立させることが急務
『天女の羽衣』をブランド化することが最大の課題で、芸能人の衣装や一流ブランドの服などに使われているにもかかわらず、自社ブランドとして確立できないところが悩みの種。
国内市場は低価格競争が激化しているだけに、高価格がネックになっていることは否めない。その意味で、プリント加工、シワ加工はじめ、チタン具合で様々な色合いに変化する新たなアイテムも開発している。
国内市場は本当に厳しい状況ですが、いつでも手にとって喜んでいただける自信ある商品だけに、更に開発に力を注ぎ、この価格に負けないブランドとして確立できるように邁進していきたい。
『天女の羽衣』を生地ブランドとして確立すべく、ヨーロッパはもとよりアメリカ市場をも視野に入れ、更なる事業展開をしていきたい。

会社情報
会社名: 天池合繊株式会社
代表者名: 天池源受
住所: 〒926-0037
石川県七尾市国下町ト部59番地1
電話番号: 0767-57-3633
WEB: http://amaike.jp/
業種: 織物製造業