石川県の繊維工業の概要
繊維王国いしかわ

絵画や映画がそうであるように、真にいものは国境を超えて愛される。たとえば、繊維・ファッションの世界における高品質・高機能の素材もしかり。
日本の「繊維王国」と称される石川県は、これまで長きにわたって世界のマーケットを魅了してきました。
「高品質・高機能の繊維といえば石川」。
そんなよび方も浸透しています。芸術や文化をこよなく愛してきた石川の美学とノウハウを感じてください。

 この國の美意識を世界へ。

いしかわの位置
アジアのマーケットと向き合う。その絶好の位置に石川県にあります。
「日出づる国」と称される日本。その日本列島のほぼ中央。
地図上で見ると、ちょうど列島から北東に向けて突起しているところ(能登半島)に繊維王国・石川県はあります。
アジア諸国と直接向き合えるという地の利を活かし、これまで各国との交流・貿易を盛んに行ってきました。

いしかわの位置
石川県はアジアとの取引に適した位置にあります

いしかわの繊維の歴史
生まれるべくして生まれた世界的産地。ここは美を呼吸する加賀百万石の地。
石川県は約400年前から加賀百万石の城下町として発展し、現在も日本国内に独特の光を放っています。
文化や芸術が日常的にたたずんでいる土地柄として名声を馳せ、現在は合繊織編物中心の産地となっています。
また繊機をはじめとする繊維機械の生産も盛んです。

いしかわの繊維の歴史
加賀百万石の時代から絹織物の産地として知られていました

いしかわの取り組み
人を、技術を、感性を創りだす。高品質を奏でつづけるための試み。
商品・技術開発
高品質・高機能を追求した次世代型商品をはじめ、産学官連携によるニューフロンティア分野の研究開発を行っています。
デザイン開発
イタリアの新進気鋭のデザイナーと手を結び、最先端のテキスタイルデザインを世界に発信しています。
販売開拓
日本での各種展示会開催や世界主要都市における展示会に参加。海外市場での各国の取引も活発に行っています。
人材育成
繊維のプロを育てるために「いしかわ繊維大学」を開設しているほか、イタリア・リューク大学への研修、コモ市との技術交流なども行っています。

いしかわの取り組み